ブレーキフルード交換

前回ブレーキフルードを交換したのが2年前だから、そろそろ交換しなきゃ。

4月29日、今日は良く晴れた湿気の無い日なので、さあ交換、交換!
前回はブルーに着色されたフルードを使ったので、今回は無色透明のフルードを使用する。
そうすればキャリパーからフルードを抜く際、色の違いで新旧の区別がつくね。

CB400SF

さ〜〜〜〜〜て、
マスターシリンダの古いフルードを、口の小さいポリ容器で吸い取って除き、
新しいフルードを満たしてから、ブリーダーバルブに耐油性ホースをかませて、
バルブにレンチをセットする。

ブレーキフルード

ブレーキレバーを握ったまま、ブリーダーバルブをゆるめると、
ホースから古い(ブルーの)フルードが出始める。

コツはブレーキレバーを握ったまま、
ブリーダーバルブをゆるめ、
フルードが出たのを確認してからバルブを絞めること。
この間、ずっとブレーキレバーは握ったまま。

バルブを絞めたら、ブレーキレバーを離す。

これをフルードが新しく(無色透明)なるまで続ける。

この際重要なのは、マスターシリンダ・タンクのフルードを空にしないこと!!
つまり、空気を一切入れないことだね。

これを左右・リアと同様に行って完成。
慣れると簡単だね!

〈 Description day 2013. 04. 29 〉